ロト6とBIG(totoBIG)、最後にジャンボ

ロト6とBIG(totoBIG)、最後にジャンボ

日本語で言う宝くじに似ているものは、海外にもたくさんあります。
日本における宝くじを圧倒的に超える、高額な当選金が出るような宝くじが存在するのは、多くの人がご存知ではないでしょうか。
日本だと海外で取り扱われている高額なくじのごとく何十億円、何百億円という当選金額にはなりませんが、けれども当選金額が1億円を上回る高額くじは3つも存在します。
それらの3個とは、ロト6とBIG(totoBIG)、最後にジャンボです。
ジャンボと呼ばれるものは、グリーンジャンボやドリームジャンボなどの、特定の季節に購入できる宝くじになります。
逆に、BIGとロト6は毎週発売されるもので、当然ながら毎週のように億超えの当選金を手にする可能性があるのです。
それじゃあ、ロト6とBIGの仕組みを細かく概説しましょう。
この2つのものは同様のものに思えて全く違うもので、BIGはコンピューターによって無造作に出される数字を採用していますが、ロト6は数字を自らの意思で決めて宝くじに参加するといったシステムなのです。
したがって、自分で買い目を選択可能なロト6と、選択不可能なBIGということになります。
それからBIGの出目というのは毎週行われているJリーグサッカーの試合結果を当てる必要があるもので、コンピューターが選び出した数字と全部の試合結果が1つ残らず当たっていれば1等当選です。
この部分だけに着目すると自ら買い目をチョイスできるロト6と、買い目を選択することが不可能なBIGでは当選する確率に天と地ほどの差があるように感じますが、現実にはそうではありません。
1等に当たる確率が大体609万分の1であるロト6に対して、BIGは大体478万分の1となり、確率的には1億円以上の当選金を手にする可能性が最も高い宝くじはBIGと言えます。

 


Copyright (c) ブルーベリーサプリメント効果のほどは?【NONO眼精疲労】.